建築基準法では、建築物の敷地については、通行上、安全上、防火上及び衛生上の理由から、原則として「建築基準法上の道路」に2メートル以上接していなければならないと規定しています。(これを「接道義務」といいます。)
 「建築基準法上の道路」には、幅員4メートル以上の国道・県道・市道などのほか、行政が道路として指定した道路があり、これらを「指定道路」といいます。この指定道路に建築物の敷地が2メートル以上接していれば接道義務を果たすことになると同時に、道路としての機能が将来にわたり確保されることになります。
 平戸市が指定した道路について、インターネット上で、調書と位置図を確認することができます。

 指定道路は都市計画区域内のみにおいて指定されます。都市計画区域の範囲は下図の通りです。閲覧をご希望されるかたは、下記地図か、文字をクリックして使用条件を確認の上、閲覧ください。

用途区域図
平戸市都市計画区域
平戸市指定道路を閲覧する
平戸市指定道路 インターネット閲覧